【成年後見】Q.亡き父にサラ金から督促状が!どうしましょう?

ご相談時の状況

同居していたお父様が亡くなり、ご長男が父の遺品を整理していたら、サラ金の督促状が見つかりました。
ご長男はお父様が借金をしていたことは全然知りませんでした。

「借金も相続されてしまうんですよね?じつは、母は認知症で特養に入所中で、姉も重度の知的障害です。どうすればよいのでしょうか?」
と、かなり心配なご様子で相談に来られました。

 

当事務所からの提案と具体的な解決策

サラ金からの督促状を見るに、どうやら20年以上前から借金をしていたようでした。
過払いになっている可能性もありますので、サラ金業者に依頼して取引履歴の調査をすることにしました。

 

当事務所に依頼をした結果

取引履歴による引き直し計算の結果、過払いになっていたことが判明し、ご長男は安心されました。
引き続き、過払い金返還請求をすることになりました。

しかし、お母様とお姉様が過払い金請求の意思表示ができないので、ご長男がお二人の成年後見人になられることを提案いたしました。

当事務所から家庭裁判所に後見開始申立書類を作成提出し、結果、ご長男がお二人の成年後見人に就任されました。

当事務所はご長男のご依頼で過払い金を回収し、ご長男には過払い金を法定相続分(お母様2分の1、姉弟は4分の1ずつ)で三人に分けていただくことで解決することができました。

解決事例の最新記事

無料法律相談受付中 0256-53-5030

にいがた県央 司法書士事務所のサポート